CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
F式蘭丸
F式蘭丸(大島弓子)

先生に借りました!
最初読んだとき・・ンー(* ^ω^)難しい・・
という感じでしたが、二回目読み返して見ると・・・

ヽ(゚ω゚)ノ!!な・・泣ける・・キュンとする・・

となりました。作者の大島弓子さんは、
「24年組」と呼ばれる少女漫画家さんの一人です。
おなじ24年組の萩尾望都さんの大ファンだと言ったら先生が薦めてくれました。

この人たちのかく、繊細なお話が私の心にすごく響きます。
| 読んだもの | 01:04 | comments(2) | pookmark |
りかさん
「西の魔女が死んだ」の時も思ったけど

すごく繊細なところを突いてくるなぁ。

日本人形のりかさんがすごく素敵な魂を持ってます。
あと、やっぱりお婆ちゃんが魅力的です。
| 読んだもの | 00:33 | comments(0) | pookmark |
地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫)
電車通勤が始ったので、読書ブームも再加熱
家で面白そうな本を見つけたので読んでみました。
浅田次郎さんの「地下鉄(メトロ)に乗って」です。
すごい読みやすかった
だけどジワーっと切なくなります。
父と息子のお話。
地下鉄を通じて時代をタイムスリップします。
以前、重松清さんの「流星ワゴン」を読んだのですが、それも父子の話でタイムスリップするので、(こちらはオデッセイに乗ってます)ちょっと似てるなって思いました。
でも浅田さんの方がクセのない感じ。
重松さんのほうがシビアだったかな。

母と娘の話と、父と息子の話って、同じ親子なのに全然違いますよね。

2006年に映画化されたそうですが見た方いますか?
堤真一さん主演だし、見てみたいなぁ・・
| 読んだもの | 19:22 | comments(0) | pookmark |
ひらがな
ガールズ・ブルー/あさのあつこ

さらっとよめました。何気ない女子高生の日常だけど
リアルだけど、そこはやっぱり小説リアルじゃない。
女子高生だったころ、こんなんだったんだろうなぁ。
図書館で借りたんだけど、手元に欲しい。

なんくるない/よしもとばなな

沖縄に行きたくなる、やさしい一冊。
よしもとばななさんは、やっぱりすごい。
何気ない動作の描写に感動する。
| 読んだもの | 00:43 | comments(0) | pookmark |
きみといたい、でもできない
地元の駅ビルでアルバイトしてるわけですが、

昼間バイトしてるので、
仲間は主婦の方なので
恋の出会いは期待できないです。

もっとオシャレなところで働けばよかったかなーってちょっと思います。
(正直なところね!笑)
でもまぁお金溜めてやりたい事があるのでがんばろーっと!

正面が魚屋さんなので、
「やっすいよやすいよー」と威勢のいい兄さんに、
一時の恋をしつつがんばろーっと!

休憩時間は格好の読書タイムでありまして、
今はこの前、純子に教えてもらった
「17歳だった!」を読んでます。
笑いをこらえてます。
面白いです。
純子はアネゴに教えてもらったそうで
アネゴといえば私がハートブレイクンしたときに
秋元康さんの本をもらった事を思い出しました(*´□`)
17歳だった!
アネゴはいい本を知ってるなぁ・・
ぜひ「ハチ公の最後の恋人」を読んで欲しい!!
| 読んだもの | 21:38 | comments(0) | pookmark |
TUGUMI
よしもとばななさんの
「TUGUMI」
読み終わりました。

なんだかちょっと切ない「夏」を感じました。
つぐみは体はガラスのように脆いけど、
精神はなんて強いというか図太いというか、
共感は到底出来ないけど、
うつくしいなぁと感じました。

顔は綺麗なのに口と性格は最強に悪いというか・・
でも、ときどき照れたりしてかわいいつぐみ。
憎めないのは、つぐみが、
かけがえの無い「今」をしっかり濃く生きてるからなのか。

TUGUMI(つぐみ)
TUGUMI(つぐみ)
吉本 ばなな


| 読んだもの | 00:06 | comments(0) | pookmark |
巷説百物語シリーズ
巷説百物語シリーズ・・今回でラストだったのですが、
なんか読み終わったあとすっごく寂しくなりました・・!!

高校のときの憧れの友人が読んでてずっと気になっていた京極夏彦さん。
作品を読むことで、ちょっと(ミクロくらい)近づけた気がして嬉しくも有りますが。
続きを読む >>
| 読んだもの | 23:44 | comments(0) | pookmark |
1/1